リクエスト頂ければ、なんでもご用意します!今年初の松葉蟹鍋。

日中は12月とは思えないポカポカ陽気。
夜はぐっと冷え込みがきつくなってきました。

鍋の季節到来!

湯豆腐・寄鍋・ホルモンチゲ鍋・とらふぐてっちりなど色々とありますが、

やっぱりカニ鍋が食べたいとお声頂いていますが、今年はちょっと訳がありまして
大々的に書くのを控えさせていただいてます。

毎年あるはずのズワイガニが無いんです!

11月初め頃から毎年市場に並ぶ、北海道からくるズワイガニが今年は全然見かけません。

なぜかと言うと

ロシア産カニの貿易額激減 – ロシア漁業ニュースヘッドライン

 

 

 

今まではロシア経由で北海道におろし、仕入れていたのが今では7割〜8割減少しました。

去年くらいから話は聞いてはいたんですが、入荷が無い以上みなさんにご案内出来ないのが残念です。

北海道じゃなくても、日本海のカニはあります!

ニュースや新聞、ネットでもよく聞くカニ、松葉蟹。

そもそも、北海道のズワイガニと何が違うのか?知らない方も多いと思います。

ズワイガニは、「カニ類」の「ズワイガニ属」に分類されます。一般的に流通しているものが3種類。

「ズワイガニ」・「オオズワイガニ」・「ベニズワイガニ」です。

松葉蟹は「ズワイガニ」、ロシア経由で北海道に入ってくるものが「オオズワイガニ」
名前の通り茹でて無くても紅い体の「ベニズワイガニ」この3種類です。

今までお手頃価格でお出ししていたのが「オオズワイガニ」になります。甲羅が大きいのが特長です。

松葉蟹が高価な理由はいろいろです。乱獲を防ぎ漁獲高を調整し希少価値を付けていると言われています。

一番気になるのが、やっぱり値段。

今まで仕入れてきたロシアから入って来たズワイガニだと、竹蔵で1匹2000円〜3000円でお出ししていましたが
日本海の松葉蟹は、1匹5000円〜7000円になります。大きいものだと仕入れだけでも1匹1万円!!

さすがに自分も手が出せない価格になっています。

それでも食べたい!!

「安心してください、仕入れますよ!」

IMG_5061

今回は常連の方のリクエストで今年初の松葉蟹鍋をさせて頂きました。
一人1匹ずつ。兵庫県香住産です。

蟹の甘みが存分に味わえて、最高に美味いとおっしゃってました!
〆にお出しする雑炊も、味噌の濃厚な味が入り、自分も味見しましたがやっぱりうまいです。

気になるお値段ですが、お一人様1匹付けてだいたい6000円〜8000円になると思います。
少しでも安く仕入れたいんですが、今年はこれが限界かもです・・・。

入荷もある時無い時なので、もし年末どうしても蟹鍋が食べたいという方!

一度ご連絡下さい。「大将にかに鍋の事が聞きたい!」と言っていただければ。

LINEで送る

2015-12-15 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment